ふと思うお肌のこと

40代になってしばらくたつが、マスク生活ということや花粉症アレルギーということもあるのか、お肌のカサカサが気になっている。

ロザリティウォータリーマスクの効果

あとは目の周りの疲れ(クマやシワ)が、体調を顕著に表してくれるのがありがたいやら、困るやらしている。

人生100年時代と言われても、ゆるやかに下降してゆくこのお肌と一生つきあってていかなくてはならない。

困るのは、長年愛用していた化粧品ブランドもずっとは使い続けられないということだ。例えば、使っていた商品のラインナップがずっと継続するとは限らないし、だんだん肌との相性が合わなくなってくることがある。

そういった場合は、だんだんとエイジングケアと称される高級品に移行しなければならないんだろうな。不本意だが。

また、化粧品会社自体も安泰ではない。経営者も高齢化するし、経営層も年月が経てば変わるだろう。そうすると、商品にも価格にも、会社のイメージも変わる場合がある。

「昔の○○○のころのCMはよかったな」と最近思うことがあった。今は別のことで目立ってしまっていて、化粧品会社自体変えなければならないのかとひやひやしている。

どんなに商品が好きでも、毎日使う化粧品会社に嫌なイメージがあるとそれはそれでストレスだ。

肌の健康を保ちつつ、きちんとお手入れしながら気持ちよく日々をおくるために私は化粧をしているんだなと思う。