日焼け止めによく記載されてるSPFとは?

みなさんは、日焼け止めを購入する時何を見て購入していますか?http://ippitsukan-column.com/

パッケージにSPF〇〇と書いてあるのを一度は見たことがあると思います。ですが、SPFというのをようく分からない人も多いと思います。

具体的にSPFとはどういうものなのか?SPFの数字が強いと何が良いのかお話していきたいと思います。

SPFとは、短い時間で肌に吸収し赤く炎症を起こし悪化させるUVBを防ぐ効果指数のことです。

SPFの数字が高ければ高いほど、防御効果が高いことを表しています。

UVBは肌に炎症を起こし、ヒリヒリ赤く炎症を起こす事です。肌の表面で吸収されるので、肌を黒化させる作用があります。UVBには、肌を赤く炎症させる作用があるので、シミやそばかすの原因になります。ですが、UVBより、気を付けないといけないのが、UVAになります。

UVAは、日差しを浴びた後に、すぐ黒化する紫外線のことです。これは、メラニン色素を作るメラノサイトを刺激してしまう事で、メラニンが作られ、色素沈着が起きます。

メラノサイトは、肌の中で一度稼働させてしまうと、もう二度と止めることが出来ません。それがシワ、たるみの原因になります。

メラノサイトを稼働させない為にも、SPFが高い日焼け止めを使用する必要があります。

みなさんも、是非日焼け止めを購入する際に参考にしてみて下さい。