夏は焼きたい!けど、日焼けの代償、、

毎年、寒くて大嫌いな冬を終えると過ごしやすい春が訪れます。
過ごしやすい季節は短いもので気づいたらすぐに梅雨のシーズンに、、、

http://www.ciguri.net/

けど、じめっとした梅雨が終わればTシャツ1枚で外に出れる夏が訪れます。
日本の夏は確かに暑いですが、外でのレジャーや遊びの選択肢も多いのでとても好きなシーズンです。

夏になると、どうしても露出が増えるため、男である私としては色白は恥ずかしい!といった気持になるものです。
Tシャツを着ているとTシャツ焼けしてしまい色白同様に恥ずかしい状態に、、

私は趣味でスケートボードをしているため、夏の間は上裸でスケートボードに励み、上半身を焼いています。
ある程度焼けるとパンツより上が小麦色、パンツ以下は肌色という風に境目が出来て、毎年 自己満足に浸っております。

そんなことを毎年続けていると気づいたら腕や肩などにシミがたくさんできていることを最近気づきました、、
焼きたい願望があり、男という点から日焼け止めは全く塗らない夏の生活を何年も過ごしてきた代償を目の当たりにしております、、

夏に肌を焼くということをやめるつもりはないのですが、年をとってから体中シミになるのは勘弁願いたい。
身体を焼きつつ将来のシミを抑える方法はあったらぜひ教えて頂きたいです。