幼少期の頃はサラサラのストレートだったのに…

両親共癖毛の家庭に生まれた私は、子供の頃自分の癖毛をなんとも思っていませんでした。小学生の頃にロングからボブにしてから癖毛が目立つ様になり、ショートにすると更にくるくるになりました。

中学生になり、男子からは毎日の様に癖毛のことでからかわれ、そこで初めて癖毛が心底嫌になりました。

そこで生まれて初めてストレートパーマをあてることに。その頃はまだ縮毛矯正はなかったと思います。美容院の椅子で座っている間、頭の中では、サラサラのストレートに生まれ変わった自分を想像し、期待に胸を膨らませていたのですが、仕上がりを見て本当にショックを受けたのを覚えています。そんなに変わってない…。でも美容師さんにも何も言えず帰ってきました。

ある日、幼少期の頃の写真を見ていると、そこにはサラサラストレートの自分が写っています。いつから癖毛になったのか、髪を切らなかったらサラサラのままだったのか、幼い頃の自分にすごく戻りたかったです。

高校生になると私の癖毛がパーマを当てたみたいで羨ましいと言ってくれる子がいて、その時は本当に救われた気がしました。でもやはりコンプレックスであり、ストレートになりたい毎日です。

社会人になり、初めて縮毛矯正をあてました。他のお客さんよりも長く美容院にいて疲れましたが、仕上がりを見て本当に本当に嬉しかったのを今でも覚えています。しかし、縮毛矯正を続けるのは、髪の毛も傷むし、お金と時間もかかるので何とか自分でブローを頑張っています。

ブローをきちんとすれば癖もましになるのですが、雨や湿気が多い日はすぐに髪の毛が広がり気分も下がってしまうので、雨の日は髪の毛をアップにしてアップスタイルに合ったファッションを楽しむ様にしています。

40代になり、ヘアスタイルが決まらない!とお悩みのあなたへ

40代になって、どうもヘアスタイルが決まらない、という問題に悩まされていませんか?私の場合もそうでした。40才で第一子の息子を産んでからというもの、産前のようなつやつやロングヘアを保つことができなくなりました。髪の毛のコシはなくなり、頭頂部やサイドの髪が薄くなり、ボリュームが出ない、おでこが広くなった気はするし、産前はまったくなかった白髪がかなり目立つようになってきました。

そんな髪のお悩みをお持ちの方には、ぜひ、ショートヘアにすることをお勧めします!

私は、髪の毛ははねないようにと常に鎖骨より下の長さにしていたのですが、結局おろしているとボサボサに見えるし、育児するには邪魔だしで後ろで一つに縛っていました。ありえないことに、夜、寝る時も。。。今思えば、ほぼ24時間髪の毛を結んでいる状態でした。

ある時、新しく通い出した美容師さんに、なんと、ショートボブを薦められたのです。「いつも縛っているなら、ショートにしても見かけはそんなに変わらないよ。切るなら、なるべく早く切った方がいいよ。」どうやら、ずーっと髪の毛を後ろで縛っていたから、縛り癖がついているし、引っ張られて地肌にも髪の毛にもよくないらしいのです。

最近、シャンプー後に髪の毛がよく抜けるなーと思っていたのは、それが原因だったのか。ポニーテール脱毛症というのがあるらしく、ずっと同じところで髪の毛をきつく結んでいると、はげてくるらしいのです。

その話を聞いた私は、急に恐ろしくなり、「わかりました。切ってください!」と即答。ショートボブにすると、面長でストレートヘアだと貧相に見えた私の顔に、ひし形のフォルムができ、自然にボリュームが出るようになりました。ショートにするとおばちゃんぽくならないかという心配がありますが、全く逆で、快活でモダンな印象になり、気持ちも明るく10才くらい若返った気がしました。

なにより、髪を引っ張ることがなくなったため、抜け毛がおさまったこと、そして、シャンプー時もドライヤーで乾かす時も素早く終わるので、とっても楽。ささっと乾かすだけで、髪形が決まるようになり、ゴムやバレッタで留めなくてもサイドの髪も邪魔にならないので、本当に楽になりました。それでいて、洋服もショートボブだとおしゃれに決まるので、なんで、もっと早く切らなかったんだろう?と思うほどです。

昔髪質を無くして現在の悩み

昔私は天然パーマだったのですが、高校生の頃にクラスの子に騙されて縮毛矯正しました。

その時はストレートだったのですが、それ以来縮毛矯正はしていません。

もとから面倒くさがりな性格だったのと騙されたことにより失った天然パーマのこともありそのまま数十年経ちました。

今の髪は、昔からの剛毛なのはそのままで少しくせ毛になりました。

そして抜け毛が酷くなっているように感じます。

もとから髪の毛の量も多いほうなので抜けるのはしょうがないのかもしれないですけど、

やっぱり年々増えていってるような気がしてならないです。

美容院に行った時なども、抜け毛が酷い気がすると言っても「特に問題なさそうですけど」と言われるだけで終わります。

旦那は逆に「抜け毛多くない?」と言っており、私と同意見。

でも実際は、抜け毛が多いけど円形脱毛症とかそういうのもありません。

美容院の人も髪質なども問題なさそうだしちゃんと手入れしていれば大丈夫と言います。

年のせい(20代後半)なのでしょうか。

頭皮のこともあり、シャンプーは今のままがちょうどいいから変えたくはないです。

痒くならないから私に合っているんだと思います。

そうなると原因って色々あるとは思うんすけど悩みます。

昔の縮毛矯正の影響もあるのかとも思ってしまいます。

やっぱり年ですかね・・・。

30代後半からの髪の質

私は幼少のころから髪の毛を褒められる女子でした。

毛に艶があり、特に自分自身努力もしていないのに髪の毛は褒められました。まぁそれは、子供なら誰でも経験のある出来事と思います。思春期を経て、20代前半なんて、ヘアケアなんてしたこともないのに、きれいなロングヘアを保ってました。(おそらく自信もありましたね)

しかし!そんな輝かしいものも『加齢』というものには勝てません。最初に実感したのは出産後の28歳です。ある日感じたのは、毛に艶がないのです。勿論、授乳時という事もあり、また復活するだろうと思ってました。

が、そんな願いも空しく、その後はパサつきやすい毛質に急降下~。

今までヘアケアなんてしたことのない私が、20代後半で初めて差し掛かった髪の悩みです。

とりあえずの対策として艶を出すために、杏子オイル(ドラッグストアで800円ほど)を使用し、天然の艶作りに勤しみました。

が、髪の悩みって続きます。むしろ30代から来ました。次に訪れたのは毛量の変化です。私はかろうじて白髪に関しては現在40代手前ですが、まだ白髪染めをしなくても幾本かある程度です。ただ、量に関してはかなり減ったと思います。季節の変わり目にドライヤーを終えた後にティッシュで床の毛を集めてみると、これまたびっくり!ってくらい集まります。

特に春秋に感じましたね。

美容師の友達に相談すると、それは自然なことなので気にしないことって言われましたが、もう、もっさり落ちてるんです。

あーこうやって地肌が見えていっていずれは、ポイントかつらかしら~って思ってます。

だから、女性は年齢を重ねるとパーマをかけてボリュームを出すのか~ってこともここ初めて知りました。

ま、加齢は誰でも平等にくるものなのでもがいても仕方がありません。なので、私はシャンプーの薬品を調べ、髪に負担のないものを厳選し、やっすい杏子オイルからロクシタンのヘアオイルに変えて、できればミネラルを食べ物から摂取するという結果に行き着きました。

ものすごく普通ですし、そんなの昔から行ってるよって方も多数とは思いますが、褒められ続けると努力なんてしないって事を実感しました。

できれば、ポイントかつらも、どぎついおばちゃんパーマもしたくないので、今からでもできるケアで加齢と向き合います!!